インビザラインは無駄なく歯の移動が行えます

インビザラインは無駄なく歯の移動が行えます

歯の矯正治療を行う場合に従来であればワイヤーを利用した方法となります。全体的にワイヤーを設置することになるので、様々な歯に負担がかかり痛みなども伴う治療となっていました。ですが歯の矯正治療としてインビザラインの場合は、マウスピースタイプの歯の全体を支えるタイプの矯正治療となります。歯の全体をマウスピースで覆いながら必要な部分だけを動かしていきます。そのためある特定の歯だけに過度な負担がかかることがなくなります。また歯を矯正するための移動はばにも違いがり、移動幅が大きかったワイヤーの場合は最初は痛みが伴いますが、インビザラインの場合はごく小さい移動幅となるため痛みが少ないのも特徴となります。少しずつ移動をしながら新たなマウスピース型に変えることで、目標としている歯並びにするまで、とても小さい動きで矯正が可能となっています。

インビザラインは目標の歯並びを最初に確認できます

歯の矯正治療の場合は、ある程度目標の歯並びをもってワイヤーを調整しながら治療を行います。ですが最終的な歯並びはどのようになるかは、都度行われるワイヤーの調整次第になるので最初の時点で仕上がりを確認することはできません。ですがインビザラインの場合は最初の時点で最終目標となる歯並びを確認することが可能です。インビザラインは自身の歯を全体に覆ったタイプのマウスピースであり、1つ1つがオーダーメイドとなります。マウスピースは数種類用意されており、それらを徐々につけ開けていくことで最終的な歯並びへと矯正されます。マウスピースは最終目標の歯並びまでの型までを作り上げていくので、最初の矯正前の時点で治療が終わった後の歯並びを確認が可能となっています。治療の前から自身が最終的にどのような歯並びになるのかがわかるので、満足度がとても高い治療となります。

インビザラインは食事コントロールが行えます

歯の矯正治療として行われることが多い方法としてワイヤー治療があります。ワイヤーを徐々に調整することで、歯を強制を行います。ワイヤーが付いていることで食事などの制限などはかかりますが、一度取りつけると自身で取り外すことはなくなり手間はかかりません。その点インビザラインのマウスピースタイプの矯正の場合は、自身で取り付けたり取り外しが自由に行えます。ただし食事の際はインビザラインは取り外す必要があるので、多少手間が必要です。そのためちょっとしたおやつを食べたい時や、間食するときなども取り外す手間が出てい舞います。その手間を省くために間食といった食事を控えることが増えてきます。そのため普段の食事として1日3食をきっちり食べるようになり、自然と食事コントロールが行えるようになります。また外した際に汚れたままマウスピースをつけることに抵抗を感じるため、食後の歯磨きなども自然と習慣づけられます。